セブンイレブン切手の取り扱いはある?支払いにnanacoやPayPayも使える?

セブンイレブン看板セブンイレブンの新店舗開店予定・オープンセール(福袋)、クーポンなど

セブンイレブンで切手を購入したいと思うことも多いですよね。

本来は郵便局で買えばいいのかもしれませんが近くにない人も多いでしょうし、そもそも郵便局は営業時間が短いです。

いつでも24時間営業しているセブンイレブンで買いたいというのは当然のことでしょう。

そこで今回はセブンイレブンで切手を購入する方法や支払い方法についてまとめます。少しずつ下がって確認ください。

(こっちもチェックすることをおすすめします。ダブルでお得かも!?⇒コンビニのキャンペーン情報まとめ

セブンイレブンで切手の取り扱いはある?普通に購入できる?

まずセブンイレブンでは切手の購入が可能です。特別な手続きもなく普通に購入できます。

発売する店舗について気になるかもしれませんが、取り扱っていない店舗を探すほうが難しいくらいどこのセブンイレブンでも切手を販売しています(一部例外はあります)。

そのため夜中などに「切手が欲しい!」と思ったら最寄りのセブンイレブンに行くといいでしょう。

 

セブンイレブンで取り扱っている切手の種類は?

セブンイレブンで扱っている種類は郵便局と比べると少ないです。

63円や84円、93円といったよく使われる切手はほとんどのお店で取り扱っていますがそれ以外になるとお店によるという状況。

1円とか10円、あとは100円の切手は販売していることが多いので状況によっては組み合わせて使いましょう。

例えば封筒を送るのは84円ですが63円切手1枚、10円切手2枚、1円切手1枚で送ることも可能です。

120円の定形外郵便であれば100円切手と10円切手2枚という感じ。

この辺り自分の使いたい金額を伝えれば店員さんの方で組み合わせを提案してくれるので問題なければそれで購入すればいいです。

 

セブンイレブンの切手購入時の支払いにnanacoや電子マネーは使える?

セブンイレブンでの切手購入は基本的には現金となります。電子マネー全般は使えません。

ただしnanacoでの支払いのみ可能です。

nanacoはセブン主体の電子マネーということで例外的に切手の購入に使えるということで覚えておくといいでしょう。他にも公共料金の支払にも使えてかなり便利。

クレジットカードのセブンカードプラスからチャージすればチャージポイントがもらえるので若干ですがお得に購入することもできます。

ただし支払い時のポイント加算はないのでその点は注意してください(一般的な商品は支払い時にポイントもらえますが切手購入の際にはもらえない)。

ちなみに郵便局であればnanaco以外での電子マネー支払いは可能なのでどうしても電子マネーで購入したい場合は郵便局で購入しましょう。

 

セブンイレブンの切手購入時の支払いにPayPayなどQRコード決済は使える?

セブンイレブンの切手購入時の支払いにQRコード決済は利用できません。

PayPayはセブンイレブンアプリから直接使えるようになっておりQRコード決済としてセブンイレブンとの相性はいいのですが切手の支払いには利用できないので注意してください。

先にも書いたようにPayPay以外のQRコード決済も切手購入には利用できません。すなわちd払い、auペイ、楽天ペイ、メルペイなども切手購入に使えないと考えてください。

郵便局であればQRコード決済での支払は可能なのでどうしてもQRコード決済を利用したい場合は郵便局で購入しましょう(ただしキャンペーンなどのポイントは基本的に付かない)。

 

セブンイレブンの切手購入時の支払いにクレジットカードは使える?

セブンイレブンでの切手購入時の支払いにクレジットカードも使えません。

セブンカードプラスでも利用不可。全ての種類のクレジットカードが切手購入時に使えないと考えてください。

郵便局であればクレジットカード支払いは可能なのでどうしても利用したい場合は郵便局で購入しましょう。

 

まとめ

今回はセブンイレブンでの切手購入についてまとめました。

セブンイレブンでの切手関連項目可能or不可、その他概要など
セブンイレブンでの切手購入可能
(特別な手続きなど不要、切手が欲しいと店員さんに伝えるだけ)
セブンイレブンで発売する切手の種類1円、10円、63円、84円、100円など
(店舗によって発売する種類は異なる)
現金での購入可能
nanacoなど電子マネーでの購入・電子マネーでの購入は基本不可
・nanacoのみ可能(購入ポイントは付かない)
PayPayなどQR決済での購入不可
クレジットカードでの購入不可

セブンイレブンではほとんどのお店で切手を発売しており現金があれば基本的には購入可能です。

キャッシュレス決済としてはnanacoのみ可能なので現金の決済が嫌な人はnanacoを利用するといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました